JR寝台特急北斗星で行こう!

寝台特急「北斗星」とは?

寝台特急「北斗星」(写真1)とは、上野〜札幌間を走る寝台特急列車の名称です。

写真1
寝台特急「北斗星」 EF510 500番台(513号機)

昭和63(1988)年3月青函トンネル開通と同時に登場し、東京と北海道を結んだ初の列車です。

現在では、ブルートレインの代名詞的存在です。

上野〜札幌間1214.7km(うちJR線1106.8km、第3セクター線は107.9km)を走り、定期列車(毎日運転される列車)としては平成21(2009)年3月14日以降、日本で最も長い距離を走る旅客列車です。

また、臨時列車を含むすべての旅客列車においても1495.8kmを走る「トワイライトエクスプレス」に次ぎ、「カシオペア」と同順位の2位という運転距離を誇っています。

しかも、いまや貴重となった客車列車です。

上野〜札幌間1214.7kmを、下り札幌行きは16時間12分、上り上野行きは16時間26分かけて運転しています。

北斗星という愛称は、北斗七星・北極星に由来しています。

北斗星が通る線は、東北本線(上野〜盛岡)・いわて銀河鉄道線(盛岡〜目時)・青い森鉄道線(目時〜青森)・津軽線・海峡線・江差線・函館本線・室蘭本線・千歳線の9線区です。

また、JR東日本・JR北海道の各鉄道会社と、東北本線から分離された、いわて銀河鉄道線(盛岡〜目時)・青い森鉄道線(目時〜八戸)の2つの第3セクター鉄道を通ります。

列車番号は下り列車が、1。上り列車が、2となっています。

客室は、ほとんどが個室で、食堂車、ロビーカー(写真2)、シャワー室などを設けて、長時間の旅を楽しめるよう配慮がなされています。

写真2
寝台特急北斗星のロビーカー

客車の側面は、JR北海道所属車両である1号車〜6号車のうち、1号車をのぞいた車体側面にエンブレムが描かれ、JR東日本所属車両である電源車、7号車〜11号車には食堂車をのぞいて、3本の金帯が引かれています。

昭和63(1988)年3月に運転が始まった当初は、定期列車2往復・季節列車1往復の3往復体制で運転されていましたが、平成20(2008)年3月15日以降は毎日1往復となり、平成21(2009)年8月現在、1日1往復が上野〜札幌間で運転されています。


そして、平成27(2015)年3月14日ダイヤ改正をもって定期列車としての運行を終了します。


客車の老朽化、青函間の牽引機関車、共用区間での保線作業時間の確保、訓練などが理由のようです。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

 
トップページ サイトマップ 商品・サービスについて